2016年5月から個人事業主としてお仕事させて頂くことになりました。

今まで会社員の時は余り考えることが無かったのですが、契約内容についていろいろ種類があるようなので、僕の周りで良く聞く契約は「派遣契約」、「請負契約」の2つなので、それぞれの内容の違いを備忘録を兼ねてまとめてみました。どちらが良いでは無く、業務内容に応じて向き不向きがあるようなイメージですが、大きなポイントは「業務の成果」「指揮命令」の2点です。


□派遣契約(労働者派遣契約)


派遣料金の設定基準は「時間あたりの派遣社員の労働」となり、技術や人材をもとに労働力(サービス)を供給します。なので成果の管理については受注元の方で管理します。
ただ責任が無いからと言って、いい加減な仕事をして良い訳ではありません。

派遣契約は派遣元事業主が雇用する労働者を派遣先の指揮命令下で労働に従事させる契約なので、派遣労働者との指揮命令関係は派遣先企業にあるります。ただ雇用契約自体は派遣労働者と派遣会社(派遣元)となります。

要するに業務に関することについては派遣先から指示を受け(やりとりし)、お給料や雇用期間などの契約面については派遣会社と調整(交渉)することになります。
派遣先企業と派遣会社(派遣元)との間で労働者派遣契約を結び、一方、派遣労働者と派遣会社(派遣元)との間で雇用契約を結びます。

人材派遣のイメージはこんな感じです。
haken

ちなみに派遣契約には派遣会社に正社員だったり契約社員として雇われている「特定派遣」と
契約会社に登録しておき派遣先が見つかった際に雇用契約を結ぶ「一般派遣」の2種類があるそうです。



□業務請負契約(アウトソーシング)


業務請負とは決められた納期に対して成果(納品物)を提供することで成立する契約です。
受注側には完成責任があり、さらには瑕疵担保責任もあります。なので、もし既に納めた納品物であっても、もし不備(不具合)などがある場合は、修正依頼に応じる必要があります。
※一般的には修正依頼に応じる必要があるのは、成果物の納品から1年以内とされています。


またもう一つのポイントとして発注元からの指揮命令権がありません。
通常、業務請負とは雇用では無いため労働基準法が適用されません。要するに法律で守られていない訳なんです。にも関わらず、発注元からのいろいろと指示があると受注者からすると厳しい状況になっていくため、指揮命令権もありません。

…とは言うものの、どうしてもこの辺りは曖昧な部分が出てくるのは仕方ないことかもしれません。
ある程度、業務を円滑の進めるためには、ある程度妥協(許容?)する必要もあるかもしれませんが、ただ、厳密には業務請負契約を締結していても、業務請負会社の労働者が依頼主の指揮命令下で業務を行なっている場合は「偽装請負(=違法な労働者供給事業)」となる為、労働局の取締りの対象になってしまいます。
ここで注意が必要なのは取締の対象は受注側だけでなく受注元も同じように対象となります。

請負業務のイメージはこんな感じです。
ukeoi


※こちらのサイトから画像を引用させて頂きました。

https://www.haken-j.com/hikaku/howto/difference.html

今までずっと会社員(正社員)であったため、僕も正直なところ、また細かい部分はいろいろ分かっていません。
今後も感覚として感じたところも含めて少しずつ情報を追記していきたいです。

他にも参考になったサイトをメモとして残しておきます。

http://www.baitoru.com/contents/bm_meritdemerit/03.html
http://qiita.com/tetsuya-imamura/items/d291859ee57b96d4c502
http://count3to1interrupt.hatenablog.com/entry/2014/01/13/211953
このエントリーをはてなブックマークに追加

先日の休み(2連休)を使いFC2で公開していたブログをWordPressへ移行しました。少しだけ備忘録を残したいと思います。移行前後のブログの情報はこのようになっています。
  • 公開期間は約2年
  • 記事の数はおよそ190記事
  • 独自ドメインを設定(ドメインはFC2ドメインで取得)
  • ドメインの後ろのファイル名は"blog-entry-XX.html"
  • PV数も収益もほとんど無いのでアクセスできなくても問題は無い
  • 移行先はさくらのレンタルサーバスタンダードプラン
移行自体の方法については既に沢山情報が公開されていたので特につまずく事はありませんでした。本当に感謝です。


いきなり出鼻を挫かれる…


移行自体の方法については既に沢山情報が公開されていたので特につまずく事はありませんでした。本当に感謝です。

まずはFC2側の作業に着手しました。

記事を一括でエクスポート
⇒エクスポート後、旧URLから以降後の新URLへ修正しました。

画像を手動でダウンロード
⇒一括でバックアップするような方法もあるそうでしたが、数が少なかったため10分程かけて1つずつダウンロードしました。

ドメインの解除
⇒設定中のドメインを解除し、名前情報を管理しているDNSサーバの設定を旧環境(FC2)から新環境(さくらのレンタルサーバ)へ変更しました。


次にさくらのレンタルサーバ側の設定です。
クイックインストールの機能を使い特に問題なく作業を進める…はずでした。

なのですが、ドメイン情報の変更が反映されるまでかなり時間が掛かてしまい足踏みしてしまいました。
正直、数時間(2時間~3時間)程で反映されるだろうと考えていたのですが、結局24時間近く掛かってしまいました。

数時間経った時点で自分のスマートフォンからアクセスすると名前解決が正しく行われていたので、
PC(自宅の有線LAN)からもアクセスを試みましたが、どうしてもFC2側へリダイレクトしれてしまいます。
端末のDNSキャッシュ情報を消すために以下の対応を行いましたが結果は同じです。
  • ブラウザ側のキャッシュを全て削除
  • コマンドプロンプトから「ipconfig /flushdns」コマンド
  • 端末の再起動

しかしスマートフォンをテザリングしてPCからアクセスすると正しく名前解決できたので利用する回線によって反映のタイミングが変わるのかと考え(と言うより時間が解決してくれると思い)、その日は作業を断念しました。


翌日、名前解決の問題が解消され、ようやくWordPressへのデータ移行を進める事になりました。

っと言っても管理画面より「ツール」⇒「インポート」よりファイル形式(Movable Type and TypePad)を選択して処理を進めるだけでした。

その後、細かい部分の設定を行いました。
  • 画像ファイルをFFFTPで(wp-content/uploads/配下)にアップロード
  • パーマリンクの設定を(blog-entry-XX.html形式)に変更
  • 以降後の記事のスラッグをクイック編集で(以降前にあわせて)連番設定
  • 新規投稿追加時にスラッグが自動に連番になるように設定ファイル(functions.php)を修正

迷った末にSimplicityを選択


テーマは公式テーマから選ぼうと思いましたが、いろいろ調べているうちに公式テーマ以外にも優れたテーマが見つかり、
最終的に評判が高かった「Simplicity」と「Stinger」の2テーマで悩みましたがブログと相性が良く情報も
沢山公開されているとの事から「Simplicity」を選びました。
※SEOの事についてはまだ余り良く分かりません。

Simplicityはカスタマイズの機能から簡単に「Googleアドセンス」や「Googleアナリティクス」の設定が可能です。
プラグインも少しだけ入れました。

WordPress Popular Posts
⇒ウイジェットで人気記事を公開できます。閲覧数を表示したり集計期間を設定が可能です。

Public Post Preview(外部接続)
⇒公開前の記事を他者(管理者など)に確認してもらえる。

Pz-HatenaBlogCard
⇒はてなブログのブログカードリンクを設定する。
 使用するためにブラウザの拡張機能(Chrome/Create LinkやFirefox/Make Link)も必要。

その他の設定として「widgetoon.js & count.jsoon」の機能を使い、Twitterのツイート数をカウントできるようにしました。


これからどうするか

今回、1月のWordBench神戸で教えてもらった情報が大変参考になりました。
初めて聞いたプラグインが沢山あったので少しずつ勉強したいと思います。
またバックアップについてもそろそろ考えないといけないですね。



https://gist.github.com/kitakado-h/bda26bc85116056c7062
https://gist.github.com/shimakyohsuke/9433232f9b1f71161b3d


最後にWordPressとは直接関係無いのですが、移行する際一つ嬉しい誤算がありました。
実は過去のある時期を境にブログのURLを変更(と言うかサブドメイン部分を削除)したのですが、リダイレクトをする発想が無かった
ため、古いURLをお伝えした方には(旧URLのままでは)もう閲覧して頂けないと残念がっていました。



旧URL
http://www.go1101.com

新URL
http://go1101.com


ですが、今回、WordPressへの移行した事によって旧URL⇒新URLへのリダイレクトが自動で行われていてとてもお届きました。
Apacheの設定なのか何か分かりませんが…理由についてはこれから少しずつ勉強したいと思いますが、少なくともフリーブログではできなかった事がWordPressに移行したとたんいきなり可能になったのでとても嬉しかったです。引き続き勉強したいと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加

人の能力にはIQ(Intelligence Quotient = 知能指数)とEQ(Emotional Intelligence Quotient = 心の知能指数)があると言われます。
IQは知識の事ですね。投資家、事業主、エンジニアなどなど職業・職種によって求められる内容は異なりますが学習や経験に基づく知識の事です。自己実現を目指す上では必須ですね。
一方、EQは心の知能指数と言われいて、相手の気持ちを理解し自分の感情をコントロールする能力。言いかえれば相手を動かすためのいわゆるコミュニケーション能力のようなものです。

IQだけでなくEQも大切

自己実現のためには知識や経験が(職種によっては身体能力なども)必要なのでIQは少しでも高い方が自己実現(自己成長)のためには重要です。ですがEQを上手く克服(?)することができれば、ビジネスを成功に導くきっかけにもなりますし、幸せを感じられる基準が大きく変わります。
人生の成功を「幸せ」と定義するのであれば「幸せを感じられる基準」ってとても大切ですよね。「基準を変える(下げる)」と言うと「妥協」のようにも聞こえるかもしれません。確かに自己実現を目指す上では、妥協は少ない方が良いに決まっています。ただ人間関係の中では「許容」する事で良い関係性を確立するきっかけになります。

「妥協」と「許容」では本質的には変わらないかもしれませんが、(仮にIQ=自己実現とするなら)自己実現と人間関係では着地点は違って良いはずです。


人間関係のストレスの原因は?

人間の悩みの根底には大きく「健康」「お金」「人間関係」の3項目に分類されると言われますが、中でも人間関係は考え方次第である程度は良くする事ができそうです。

人間関係に関わらず人がストレスを感じる理由の一つに望んでいる結果(期待していた成果)が出ない事が挙げられます。例えば「…と伝えたつもりなのに部下が思うように行動しない」などはビジネスの世界では毎日です。もしかしたら舐められているだけかもしれませんが…
「事実は一つ、解釈は無数」って言葉は少し皮肉ですがとても的を得た良い言葉ですね。

人間関係には相性の良さは重要なポイントです。誰にだっていわゆる「合う人」と「合わない人」がいますし、それは当然性格によるものが大きいです。
ちなみに僕自身の性格を僕なりに客観的(?)に自己分析してみるとこんな感じです。ネガティブな要素満載ですが余り短所とは考えないようにしています。

・ひねくれ者、理屈っぽい、合理主義(でありたい)
・腹黒い、行動に見返りを求める(主に自己成長)
・野望に向かって一直線でそれ以外は興味無し(遊び心が乏しい)
・人見知り(なので立食は苦手)、バカになれない、器が小さい(それを悪いとは思わない)
・人のためになりたい、大切な人に幸せになって欲しい、Win%Winになるように自分も頑張る
・謙虚(でありたい)、円満な人間関係を築きたい、だけど一人が好き

そう考えると僕にとって「合う人」と「合わない人」とはどんな人なのか。それは価値観が合うような人でしょうか?多分その通りだと思いますが、だけど僕の周りには僕と違う価値観の人も沢山います。

少しでも良い人間関係を築くためのコミュニケーションの考え方にPCM(Process Communication Model)と呼ばれる考え方があります。PCMでは人間のタイプを以下の6つのパーソナリティタイプとして分類しています。
誤解してはいけないのは「その中のどれかに自分が該当する」のでは無く、全ての人が6つ全ての属性を持っており、その強弱で人間性が確立されていきます。

pcm

こちらも自己分析(実際に診断した訳では無い)ですが、この中では僕は典型的なシンカーです。
それ以外の属性についても少なからず心当たりはありますが、レベル的な要素はかなり弱いですね。語弊を恐れずに言うならば僕はこの属性が強い人とは少し「合わない」と思う時もあります。ただそれは同時に僕も同じように気を使われている事は忘れてはいけませんね。

一見、理系やIT業界の人間はシンカー的思考の人間が多いようなイメージもありますが、意外(?)とそれ以外の属性の人間も多いです。職業や環境によって人間をカテゴライズしようとするのは僕の悪い癖です。すみません。

相手の立場に立って物事を考える事や、そのような環境を作り出す事は大前提として必要ですがPCMの考え方
を取り入れれば、価値観が違う相手でもその特徴を掴む事ができます。今まで「意味不明」だった言動や行動が「想定内」になる訳ですね。こんな言い方をすると少し諦めのようにも聞こえますが(笑)
このような人間のメカニズムを理解できれば、より相手の言動や行動を尊重しようと考えられるはずです。

とは言うものの…
勿論、「理屈抜きでコイツは無理!」な人間も世の中には一定数いますし、「嫌いなヤツは嫌い」です。あくまでも一つのツールとして取り入れるのは有効ですが、無理をしては本末転倒なので気を付けたいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ