人の能力にはIQ(Intelligence Quotient = 知能指数)とEQ(Emotional Intelligence Quotient = 心の知能指数)があると言われます。
IQは知識の事ですね。投資家、事業主、エンジニアなどなど職業・職種によって求められる内容は異なりますが学習や経験に基づく知識の事です。自己実現を目指す上では必須ですね。
一方、EQは心の知能指数と言われいて、相手の気持ちを理解し自分の感情をコントロールする能力。言いかえれば相手を動かすためのいわゆるコミュニケーション能力のようなものです。

IQだけでなくEQも大切

自己実現のためには知識や経験が(職種によっては身体能力なども)必要なのでIQは少しでも高い方が自己実現(自己成長)のためには重要です。ですがEQを上手く克服(?)することができれば、ビジネスを成功に導くきっかけにもなりますし、幸せを感じられる基準が大きく変わります。
人生の成功を「幸せ」と定義するのであれば「幸せを感じられる基準」ってとても大切ですよね。「基準を変える(下げる)」と言うと「妥協」のようにも聞こえるかもしれません。確かに自己実現を目指す上では、妥協は少ない方が良いに決まっています。ただ人間関係の中では「許容」する事で良い関係性を確立するきっかけになります。

「妥協」と「許容」では本質的には変わらないかもしれませんが、(仮にIQ=自己実現とするなら)自己実現と人間関係では着地点は違って良いはずです。


人間関係のストレスの原因は?

人間の悩みの根底には大きく「健康」「お金」「人間関係」の3項目に分類されると言われますが、中でも人間関係は考え方次第である程度は良くする事ができそうです。

人間関係に関わらず人がストレスを感じる理由の一つに望んでいる結果(期待していた成果)が出ない事が挙げられます。例えば「…と伝えたつもりなのに部下が思うように行動しない」などはビジネスの世界では毎日です。もしかしたら舐められているだけかもしれませんが…
「事実は一つ、解釈は無数」って言葉は少し皮肉ですがとても的を得た良い言葉ですね。

人間関係には相性の良さは重要なポイントです。誰にだっていわゆる「合う人」と「合わない人」がいますし、それは当然性格によるものが大きいです。
ちなみに僕自身の性格を僕なりに客観的(?)に自己分析してみるとこんな感じです。ネガティブな要素満載ですが余り短所とは考えないようにしています。

・ひねくれ者、理屈っぽい、合理主義(でありたい)
・腹黒い、行動に見返りを求める(主に自己成長)
・野望に向かって一直線でそれ以外は興味無し(遊び心が乏しい)
・人見知り(なので立食は苦手)、バカになれない、器が小さい(それを悪いとは思わない)
・人のためになりたい、大切な人に幸せになって欲しい、Win%Winになるように自分も頑張る
・謙虚(でありたい)、円満な人間関係を築きたい、だけど一人が好き

そう考えると僕にとって「合う人」と「合わない人」とはどんな人なのか。それは価値観が合うような人でしょうか?多分その通りだと思いますが、だけど僕の周りには僕と違う価値観の人も沢山います。

少しでも良い人間関係を築くためのコミュニケーションの考え方にPCM(Process Communication Model)と呼ばれる考え方があります。PCMでは人間のタイプを以下の6つのパーソナリティタイプとして分類しています。
誤解してはいけないのは「その中のどれかに自分が該当する」のでは無く、全ての人が6つ全ての属性を持っており、その強弱で人間性が確立されていきます。

pcm

こちらも自己分析(実際に診断した訳では無い)ですが、この中では僕は典型的なシンカーです。
それ以外の属性についても少なからず心当たりはありますが、レベル的な要素はかなり弱いですね。語弊を恐れずに言うならば僕はこの属性が強い人とは少し「合わない」と思う時もあります。ただそれは同時に僕も同じように気を使われている事は忘れてはいけませんね。

一見、理系やIT業界の人間はシンカー的思考の人間が多いようなイメージもありますが、意外(?)とそれ以外の属性の人間も多いです。職業や環境によって人間をカテゴライズしようとするのは僕の悪い癖です。すみません。

相手の立場に立って物事を考える事や、そのような環境を作り出す事は大前提として必要ですがPCMの考え方
を取り入れれば、価値観が違う相手でもその特徴を掴む事ができます。今まで「意味不明」だった言動や行動が「想定内」になる訳ですね。こんな言い方をすると少し諦めのようにも聞こえますが(笑)
このような人間のメカニズムを理解できれば、より相手の言動や行動を尊重しようと考えられるはずです。

とは言うものの…
勿論、「理屈抜きでコイツは無理!」な人間も世の中には一定数いますし、「嫌いなヤツは嫌い」です。あくまでも一つのツールとして取り入れるのは有効ですが、無理をしては本末転倒なので気を付けたいと思います。

先日、ノマド的節約術を運営されている松本博樹さん主催のミートアップイベントに参加させて頂きました。参加者は15人程で、それぞれ自己紹介とあわせてお金に対する疑問や悩みなどを共有しました。

まず最初に驚いたのは皆さまのご職業がさまざまで、松本さんのようなノマドワーカーの方以外にも、IT企業経営者をはじめグラフィックデザイナーや税理士の方などなど…中々他のコミュニティーでは一緒になる事の無い異色な組み合わせです。
普段、僕が参加させて頂くコミュニティーでは「WEB系のエンジニア」や「家主(不動産経営者)」、「ファイナンシャルプランナー」など、ある特定の業種に集中しますが、「節約術」のようなある意味生きていく上で誰にとっても共通するテーマと言う事もあり多種多様な集まりとなりとても刺激を受けました。

議論の内容としては、主に「税金の削減方法(経費についての考え方)」や「通信費の削減(SIMフリーなど)」の他、「クレジットカード(ポイントカード)」辺りを中心に、節約に繋がるような情報を共有しました。
得意分野は皆さんそれぞれ異なるため、時には補完し合い、時には有識者に発言を譲りながらと終始いい雰囲気だったと思います。
僕も不動産投資家の立場から税金対策や保険について何度か発言させて頂いたのですが…うーん、中々上手く話すのは難しいですね。。。大勢の中でも要点を纏めて分かりやすく話す事は今の僕には難しかったです(涙)。。が、それに気付けた事は大きな成果ですね。


このように「一つの空間」の中でそれぞれの立場から率先して情報発信(共有)できる事はとても大きな意味があり、(各分野ごとに)「バラバラの空間」で話すのと比べても、とても建設的な意見が出てきます。
そしてこの事はコミュニティーに限った話では無く、生きていく上でも同様の事が言えるはずです。同じ業界(業種)内だけ交流する事は居心地が良く話も噛み合いとても有意義ですが、あえて自分とは異なる分野の方と交流する事はそれ以上に自分の成長に繋がるし、場合によっては自分の常識が覆るような価値観に巡り合う事も多々あります。

また、もう一つ素晴らしいと感じたのが、しっかりした知識が備わっているからこその「分かりやすい伝え方」を意識した発言が多かった事です。
例えばメンバーの中にはIT系や税金について、それ程詳しくない方もいるかもしれないですよね。そんな時、知識が曖昧だったり配慮が欠けてしまい高度な専門用語を連発してしまうようでは一部の方には理解するのが難しいでしょう。
今回のような生活に密接するような知識やノウハウは高い専門知識を持った人だけが納得し合うのでは意味が無く、できればなるべく沢山のメンバーに(程度はあるにしろ)理解して頂いて、少しでもそのポイントを持ち帰ってもらいたいですよね。
ついついテクニカルな話し方が頭を過る事もあるかもしれませんが、今回主に発言されていた方たちは非常に周りに配慮した専門知識を前提としない分かりやすい話し方をされていました。この辺りについては話し方の上手い下手はあるかもしれませんが、少しだけ相手と同じ目線を意識すればおのずと分かり合えるものです。


僕は今回、初めてこのような異業種交流会?(と勝手に思っている)に参加しました。今までもインターネットなどで異業種交流会などが存在する事自体は知っていましたが、正直、全く縁の無い初対面の人同士が集まるような、いわゆる「人脈作り」には余り意味を感じられないと個人的な偏見を持っていたからです。

ですが今回のイベントに参加した理由は二つあり、一つ目はノマドワーカーとして活躍されている方のお話を直接伺いたかった事。そしてもう一つは開催場所が日頃から別のコミュニティー(WordBench神戸)にて何度かお世話になっているコワーキングスペースであったと言う安心感があったからです。
正直、参加予定の方のプロフィールを拝見しても、普通の会社員である自分が参加する事には多少の場違い感(?)も覚悟していましたが、参加させて頂いて本当に良かったです。

生活や生き方そのものが多様化しているからこそ、さまざまな節約術があるはずです。普段関わらないような方のちょっとしたプチ情報で自分の生活が少しでも良い方向に向かえば、それはきっと一生モノの財産に変わると思います。

先月、不動産投資新聞のコラムニストの審査を受け見事合格しました。それ以降は個人のブログだけでは無くコラムニストとして記事を執筆させて頂いています。
↓こちらからも閲覧出来るので、もし読んで頂けたら幸いです!

■go1101の自己紹介

不動産投資新聞を管理する楽待株式会社ファーストロジックが運営する会員数約42,000人を誇る日本最大の不動産投資サイトで、収益物件の情報以外にもセミナーやコラム等、さまざまな内容が掲載されています。また今年の3月にはYahoo! JAPANとの業務提携を行い不動産投資市場の活性化を目指しています。

コラムニストの審査としては、コラムを執筆する志望動機や掲載内容、今までの実績および所有資産などの情報を記載したり、実際に執筆する事を前提とした原稿を提出し、審査して頂く流れです。その後、概要書や合意書などを確認し(合意し)、コラムを執筆させて頂く事になりました。合意書の主な内容としては機密保持義務や知的財産権の帰属についてなどです。

実はコラムニストの審査は最終審査で過去に2回、落ちていました。掲載した内容といては1回目は空室対策と退去防止の記事、2回目はセミナーや勉強会への想いを言葉にし、主にがんばる家主の会について、考えを纏め、そして、3回目の記事は日頃から良く考えている、住宅ローンの繰上げ返済のメリットについてでした。

□1回目の記事:新規募集より退去防止に注力を

□2回目の記事:空室リスクの不安を共有

□3回目の記事:繰上げ返済の仕組みとそのメリット

自分の書いた記事をそのまま掲載できるブログとは別の環境で記事を掲載させて頂く事になりますが、同時に知的財産権(著作権)もその運営会社に帰属する形になります。この辺りの影響は正直余り意識していませんが、今後どうなるかは少し注目です。ですが、執筆した記事への著作権は無くなっても自分の書いた内容がコンテンツとして蓄積される事に変わりは無いので、今まで通り一生懸命記事を書き続けようと思います。
一つ気を付けるポイントを挙げるなら、このような契約の場合、著作権は運営会社のものとなるため、例え僕が自分で書いた記事でも同じ類似の内容を個人のブログを含め個人的な立場から情報発信する事は禁止されます。ただしブログやSNSにてタイトルや見出し部分のみを記載して、残りの内容を楽待のページに対してリンクを張る事は可能のようです。たまにインターネットで見かける「続きはこちら…」ってやつですね。

コラムニストとして記事を執筆したいと考えたきっかけは大きく2つあり、1つ目は「記事を書く」と言う目的があると個人での知識習得をする上でとてもモチベーションになる事です。
そしてもう1つの理由は情報を少しでも多くの場所で発信する事により、今掲載しているブログ(不動産投資ライフ-初心者向け投資日記)への宣伝効果にもなると考えたからです。当初はブログのアクセス数を伸ばす手段の1つと考えていましたが、お互いに宣伝するし合う事で相乗効果も見込めます。

また報酬体系も特徴的で、月間報酬としての枠が予め決められており、その中から閲覧数の多い記事から順番に支払うような形式です。ポイントは月間の累積閲覧数では無く、記事ごとの閲覧数を基準としているため、記事数が少なくても良質な情報を発信し、閲覧数があれば報酬を手に入れる事は十分可能な事です。
ちなみに個人レベルで情報をそのままの形で掲載出来るブログとは異なり、コラムの場合は運営側に編集者の方がいるため誤字・脱字があったり内容が不適切な場合は修正を指示される場合もあるとの事です。
少し大袈裟ですがプロとしての品質を求められるため、内容に妥協せずしっかりした情報を発信しなければならいません。他のコラムニストの方と比較すると実績や所有物件(資産)は乏しいかもしれないが、それでも良質な記事は十分書けると思っています。周りと比較せずに…と言うのは少し嘘になりますが、小規模でも自分の記事をしっかり掲載していきたいです。

↑このページのトップヘ