先月、不動産投資新聞のコラムニストの審査を受け見事合格しました。それ以降は個人のブログだけでは無くコラムニストとして記事を執筆させて頂いています。
↓こちらからも閲覧出来るので、もし読んで頂けたら幸いです!

■go1101の自己紹介

不動産投資新聞を管理する楽待株式会社ファーストロジックが運営する会員数約42,000人を誇る日本最大の不動産投資サイトで、収益物件の情報以外にもセミナーやコラム等、さまざまな内容が掲載されています。また今年の3月にはYahoo! JAPANとの業務提携を行い不動産投資市場の活性化を目指しています。

コラムニストの審査としては、コラムを執筆する志望動機や掲載内容、今までの実績および所有資産などの情報を記載したり、実際に執筆する事を前提とした原稿を提出し、審査して頂く流れです。その後、概要書や合意書などを確認し(合意し)、コラムを執筆させて頂く事になりました。合意書の主な内容としては機密保持義務や知的財産権の帰属についてなどです。

実はコラムニストの審査は最終審査で過去に2回、落ちていました。掲載した内容といては1回目は空室対策と退去防止の記事、2回目はセミナーや勉強会への想いを言葉にし、主にがんばる家主の会について、考えを纏め、そして、3回目の記事は日頃から良く考えている、住宅ローンの繰上げ返済のメリットについてでした。

□1回目の記事:新規募集より退去防止に注力を

□2回目の記事:空室リスクの不安を共有

□3回目の記事:繰上げ返済の仕組みとそのメリット

自分の書いた記事をそのまま掲載できるブログとは別の環境で記事を掲載させて頂く事になりますが、同時に知的財産権(著作権)もその運営会社に帰属する形になります。この辺りの影響は正直余り意識していませんが、今後どうなるかは少し注目です。ですが、執筆した記事への著作権は無くなっても自分の書いた内容がコンテンツとして蓄積される事に変わりは無いので、今まで通り一生懸命記事を書き続けようと思います。
一つ気を付けるポイントを挙げるなら、このような契約の場合、著作権は運営会社のものとなるため、例え僕が自分で書いた記事でも同じ類似の内容を個人のブログを含め個人的な立場から情報発信する事は禁止されます。ただしブログやSNSにてタイトルや見出し部分のみを記載して、残りの内容を楽待のページに対してリンクを張る事は可能のようです。たまにインターネットで見かける「続きはこちら…」ってやつですね。

コラムニストとして記事を執筆したいと考えたきっかけは大きく2つあり、1つ目は「記事を書く」と言う目的があると個人での知識習得をする上でとてもモチベーションになる事です。
そしてもう1つの理由は情報を少しでも多くの場所で発信する事により、今掲載しているブログ(不動産投資ライフ-初心者向け投資日記)への宣伝効果にもなると考えたからです。当初はブログのアクセス数を伸ばす手段の1つと考えていましたが、お互いに宣伝するし合う事で相乗効果も見込めます。

また報酬体系も特徴的で、月間報酬としての枠が予め決められており、その中から閲覧数の多い記事から順番に支払うような形式です。ポイントは月間の累積閲覧数では無く、記事ごとの閲覧数を基準としているため、記事数が少なくても良質な情報を発信し、閲覧数があれば報酬を手に入れる事は十分可能な事です。
ちなみに個人レベルで情報をそのままの形で掲載出来るブログとは異なり、コラムの場合は運営側に編集者の方がいるため誤字・脱字があったり内容が不適切な場合は修正を指示される場合もあるとの事です。
少し大袈裟ですがプロとしての品質を求められるため、内容に妥協せずしっかりした情報を発信しなければならいません。他のコラムニストの方と比較すると実績や所有物件(資産)は乏しいかもしれないが、それでも良質な記事は十分書けると思っています。周りと比較せずに…と言うのは少し嘘になりますが、小規模でも自分の記事をしっかり掲載していきたいです。