カテゴリ: フリーランサーのはしくれ

この記事は「フリーランスの今年とお金の話 Advent Calendar 2016」の24日目の記事です。

今年から個人事業主として働き始めるようになりました。アドベントカレンダーに参加させて頂くのも今回が初めてです。
個人事業主とは言ってもITインフラエンジニアとしてお客様先でお仕事をさせて頂くことも多く、会社員時代と比べて大きく働き方が変わる訳ではありません。
自分がフリーランスかと言うと少し違和感もありますが、せっかくの機会なので、この場をお借りして今年一年間を振り返ってみたいと思います。


個人事業主になるまでの経緯

前の会社を退職するタイミングで転職することも一つの選択肢としてありましたが、個人事業主としての働き方も興味を持っていました。
そんな中、友人からの「一緒に仕事をしないか?」との誘いを受け、改めてそれぞれの違い(メリット・デメリット)について調べてみましたが、最後は「仲間としてチームとして一緒に仕事をしたい」と言う友人の想いを受け、個人事業主として働くことになりました。
※後にその友人と法人化することになります。

その後、友人やその知り合いの方からの支援を頂きながらITインフラエンジニアの仕事を探すことになります。

自分のスキルをアピールし単価交渉を行うことも難しいですが、周りの方から協力を得て仕事を探す訳なので転職活動のように複数の会社に対して一斉に依頼する訳にはいきません。どのタイミングで誰にお願いするかも重要になります。
もし決まりかけた仕事を途中で辞退するようなことになれば、これまでの信頼関係にも影響するかもしれません。この辺りの敏感さが足りずに関係者の方に迷惑を掛けてしまったこともありました。

お客様先で常駐してお仕事をさせて頂く場合は一ヵ月の間で複数の案件を抱えることが難しいです。
なので案件の切れ目ではまた同じように仕事を紹介して頂くこともあるはずなので、この辺りをスムーズに対応するのは今後の大きな課題になります。

個人事業主になると報酬が高くなるメリットもありますが、自分の振る舞いや仕事で問題を起こしてしまった時の責任はダイレクトに降りかかります。この辺りの影響はしっかり把握しておかないと大きなトラブルになりかねないです。

決して「フリーランスは会社員より高い責任感が求められる」と言う意味ではありませんが、僕自身が会社員としてとても守られた環境にいたことを感じました。



株式会社を設立しました

その後、先述した友人(代表)ともう一人の友人との3人でSier会社を設立することになりました。
現時点では他の二人も僕と同じようにそれぞれ自分のお客様と個人で契約をしているので、まだ一緒に仕事する機会はほとんどありません。
全員がエンジニアではありますが専門分野はそれぞれ異なるため、将来的には会社として業務を請け負い一緒に仕事できることを目標にしています。

個人的には規模拡大を求め過ぎるよりも(もし今後社員が増えても)メンバーが安心して働けるような環境になればそれで良いと思います。



やっぱりお金の知識が足りない

個人事業主になるとより一層税金面について敏感になります。
また法人化すると経費経常の考え方も少し変わります。単に個人の収入(給与所得)を増やすだけではなく福利厚生などの仕組みも上手く利用し、実質的にプラスに転じるように工夫したいです。

ただ、今のところは法人化することにより一時的に収入が下がる見込みです。
社会保険への加入や会社の維持費なども必要になります。
すぐには会社(というツール)を有効活用できないかもしれませんが、少しずつ知識を増やして節税に繋がれば良いと思います。

とにかく勉強が必要です。。。


さいごに

今年は環境の変化に悩まされる事も多くいろいろ溜め込んでしまった1年間でした。
ただ会社設立に貢献できたこと、そしてチームとして新しいスタートを切れたことは大きな転機となりますし、今後に向けての期待感も持てています。

来年は周りの方の仕事への取り組み方についてたくさん聞いてみたいです。
来年の今頃、この記事を読み返してどう評価できるかが楽しみです。

来年も頑張りたいです。

2016年5月から個人事業主としてお仕事させて頂くことになりました。

今まで会社員の時は余り考えることが無かったのですが、契約内容についていろいろ種類があるようなので、僕の周りで良く聞く契約は「派遣契約」、「請負契約」の2つなので、それぞれの内容の違いを備忘録を兼ねてまとめてみました。どちらが良いでは無く、業務内容に応じて向き不向きがあるようなイメージですが、大きなポイントは「業務の成果」「指揮命令」の2点です。


□派遣契約(労働者派遣契約)


派遣料金の設定基準は「時間あたりの派遣社員の労働」となり、技術や人材をもとに労働力(サービス)を供給します。なので成果の管理については受注元の方で管理します。
ただ責任が無いからと言って、いい加減な仕事をして良い訳ではありません。

派遣契約は派遣元事業主が雇用する労働者を派遣先の指揮命令下で労働に従事させる契約なので、派遣労働者との指揮命令関係は派遣先企業にあるります。ただ雇用契約自体は派遣労働者と派遣会社(派遣元)となります。

要するに業務に関することについては派遣先から指示を受け(やりとりし)、お給料や雇用期間などの契約面については派遣会社と調整(交渉)することになります。
派遣先企業と派遣会社(派遣元)との間で労働者派遣契約を結び、一方、派遣労働者と派遣会社(派遣元)との間で雇用契約を結びます。

人材派遣のイメージはこんな感じです。
haken

ちなみに派遣契約には派遣会社に正社員だったり契約社員として雇われている「特定派遣」と
契約会社に登録しておき派遣先が見つかった際に雇用契約を結ぶ「一般派遣」の2種類があるそうです。



□業務請負契約(アウトソーシング)


業務請負とは決められた納期に対して成果(納品物)を提供することで成立する契約です。
受注側には完成責任があり、さらには瑕疵担保責任もあります。なので、もし既に納めた納品物であっても、もし不備(不具合)などがある場合は、修正依頼に応じる必要があります。
※一般的には修正依頼に応じる必要があるのは、成果物の納品から1年以内とされています。


またもう一つのポイントとして発注元からの指揮命令権がありません。
通常、業務請負とは雇用では無いため労働基準法が適用されません。要するに法律で守られていない訳なんです。にも関わらず、発注元からのいろいろと指示があると受注者からすると厳しい状況になっていくため、指揮命令権もありません。

…とは言うものの、どうしてもこの辺りは曖昧な部分が出てくるのは仕方ないことかもしれません。
ある程度、業務を円滑の進めるためには、ある程度妥協(許容?)する必要もあるかもしれませんが、ただ、厳密には業務請負契約を締結していても、業務請負会社の労働者が依頼主の指揮命令下で業務を行なっている場合は「偽装請負(=違法な労働者供給事業)」となる為、労働局の取締りの対象になってしまいます。
ここで注意が必要なのは取締の対象は受注側だけでなく受注元も同じように対象となります。

請負業務のイメージはこんな感じです。
ukeoi


※こちらのサイトから画像を引用させて頂きました。

https://www.haken-j.com/hikaku/howto/difference.html

今までずっと会社員(正社員)であったため、僕も正直なところ、また細かい部分はいろいろ分かっていません。
今後も感覚として感じたところも含めて少しずつ情報を追記していきたいです。

他にも参考になったサイトをメモとして残しておきます。

http://www.baitoru.com/contents/bm_meritdemerit/03.html
http://qiita.com/tetsuya-imamura/items/d291859ee57b96d4c502
http://count3to1interrupt.hatenablog.com/entry/2014/01/13/211953

先日、ノマド的節約術を運営されている松本博樹さん主催のミートアップイベントに参加させて頂きました。参加者は15人程で、それぞれ自己紹介とあわせてお金に対する疑問や悩みなどを共有しました。

まず最初に驚いたのは皆さまのご職業がさまざまで、松本さんのようなノマドワーカーの方以外にも、IT企業経営者をはじめグラフィックデザイナーや税理士の方などなど…中々他のコミュニティーでは一緒になる事の無い異色な組み合わせです。
普段、僕が参加させて頂くコミュニティーでは「WEB系のエンジニア」や「家主(不動産経営者)」、「ファイナンシャルプランナー」など、ある特定の業種に集中しますが、「節約術」のようなある意味生きていく上で誰にとっても共通するテーマと言う事もあり多種多様な集まりとなりとても刺激を受けました。

議論の内容としては、主に「税金の削減方法(経費についての考え方)」や「通信費の削減(SIMフリーなど)」の他、「クレジットカード(ポイントカード)」辺りを中心に、節約に繋がるような情報を共有しました。
得意分野は皆さんそれぞれ異なるため、時には補完し合い、時には有識者に発言を譲りながらと終始いい雰囲気だったと思います。
僕も不動産投資家の立場から税金対策や保険について何度か発言させて頂いたのですが…うーん、中々上手く話すのは難しいですね。。。大勢の中でも要点を纏めて分かりやすく話す事は今の僕には難しかったです(涙)。。が、それに気付けた事は大きな成果ですね。


このように「一つの空間」の中でそれぞれの立場から率先して情報発信(共有)できる事はとても大きな意味があり、(各分野ごとに)「バラバラの空間」で話すのと比べても、とても建設的な意見が出てきます。
そしてこの事はコミュニティーに限った話では無く、生きていく上でも同様の事が言えるはずです。同じ業界(業種)内だけ交流する事は居心地が良く話も噛み合いとても有意義ですが、あえて自分とは異なる分野の方と交流する事はそれ以上に自分の成長に繋がるし、場合によっては自分の常識が覆るような価値観に巡り合う事も多々あります。

また、もう一つ素晴らしいと感じたのが、しっかりした知識が備わっているからこその「分かりやすい伝え方」を意識した発言が多かった事です。
例えばメンバーの中にはIT系や税金について、それ程詳しくない方もいるかもしれないですよね。そんな時、知識が曖昧だったり配慮が欠けてしまい高度な専門用語を連発してしまうようでは一部の方には理解するのが難しいでしょう。
今回のような生活に密接するような知識やノウハウは高い専門知識を持った人だけが納得し合うのでは意味が無く、できればなるべく沢山のメンバーに(程度はあるにしろ)理解して頂いて、少しでもそのポイントを持ち帰ってもらいたいですよね。
ついついテクニカルな話し方が頭を過る事もあるかもしれませんが、今回主に発言されていた方たちは非常に周りに配慮した専門知識を前提としない分かりやすい話し方をされていました。この辺りについては話し方の上手い下手はあるかもしれませんが、少しだけ相手と同じ目線を意識すればおのずと分かり合えるものです。


僕は今回、初めてこのような異業種交流会?(と勝手に思っている)に参加しました。今までもインターネットなどで異業種交流会などが存在する事自体は知っていましたが、正直、全く縁の無い初対面の人同士が集まるような、いわゆる「人脈作り」には余り意味を感じられないと個人的な偏見を持っていたからです。

ですが今回のイベントに参加した理由は二つあり、一つ目はノマドワーカーとして活躍されている方のお話を直接伺いたかった事。そしてもう一つは開催場所が日頃から別のコミュニティー(WordBench神戸)にて何度かお世話になっているコワーキングスペースであったと言う安心感があったからです。
正直、参加予定の方のプロフィールを拝見しても、普通の会社員である自分が参加する事には多少の場違い感(?)も覚悟していましたが、参加させて頂いて本当に良かったです。

生活や生き方そのものが多様化しているからこそ、さまざまな節約術があるはずです。普段関わらないような方のちょっとしたプチ情報で自分の生活が少しでも良い方向に向かえば、それはきっと一生モノの財産に変わると思います。

先月、不動産投資新聞のコラムニストの審査を受け見事合格しました。それ以降は個人のブログだけでは無くコラムニストとして記事を執筆させて頂いています。
↓こちらからも閲覧出来るので、もし読んで頂けたら幸いです!

■go1101の自己紹介

不動産投資新聞を管理する楽待株式会社ファーストロジックが運営する会員数約42,000人を誇る日本最大の不動産投資サイトで、収益物件の情報以外にもセミナーやコラム等、さまざまな内容が掲載されています。また今年の3月にはYahoo! JAPANとの業務提携を行い不動産投資市場の活性化を目指しています。

コラムニストの審査としては、コラムを執筆する志望動機や掲載内容、今までの実績および所有資産などの情報を記載したり、実際に執筆する事を前提とした原稿を提出し、審査して頂く流れです。その後、概要書や合意書などを確認し(合意し)、コラムを執筆させて頂く事になりました。合意書の主な内容としては機密保持義務や知的財産権の帰属についてなどです。

実はコラムニストの審査は最終審査で過去に2回、落ちていました。掲載した内容といては1回目は空室対策と退去防止の記事、2回目はセミナーや勉強会への想いを言葉にし、主にがんばる家主の会について、考えを纏め、そして、3回目の記事は日頃から良く考えている、住宅ローンの繰上げ返済のメリットについてでした。

□1回目の記事:新規募集より退去防止に注力を

□2回目の記事:空室リスクの不安を共有

□3回目の記事:繰上げ返済の仕組みとそのメリット

自分の書いた記事をそのまま掲載できるブログとは別の環境で記事を掲載させて頂く事になりますが、同時に知的財産権(著作権)もその運営会社に帰属する形になります。この辺りの影響は正直余り意識していませんが、今後どうなるかは少し注目です。ですが、執筆した記事への著作権は無くなっても自分の書いた内容がコンテンツとして蓄積される事に変わりは無いので、今まで通り一生懸命記事を書き続けようと思います。
一つ気を付けるポイントを挙げるなら、このような契約の場合、著作権は運営会社のものとなるため、例え僕が自分で書いた記事でも同じ類似の内容を個人のブログを含め個人的な立場から情報発信する事は禁止されます。ただしブログやSNSにてタイトルや見出し部分のみを記載して、残りの内容を楽待のページに対してリンクを張る事は可能のようです。たまにインターネットで見かける「続きはこちら…」ってやつですね。

コラムニストとして記事を執筆したいと考えたきっかけは大きく2つあり、1つ目は「記事を書く」と言う目的があると個人での知識習得をする上でとてもモチベーションになる事です。
そしてもう1つの理由は情報を少しでも多くの場所で発信する事により、今掲載しているブログ(不動産投資ライフ-初心者向け投資日記)への宣伝効果にもなると考えたからです。当初はブログのアクセス数を伸ばす手段の1つと考えていましたが、お互いに宣伝するし合う事で相乗効果も見込めます。

また報酬体系も特徴的で、月間報酬としての枠が予め決められており、その中から閲覧数の多い記事から順番に支払うような形式です。ポイントは月間の累積閲覧数では無く、記事ごとの閲覧数を基準としているため、記事数が少なくても良質な情報を発信し、閲覧数があれば報酬を手に入れる事は十分可能な事です。
ちなみに個人レベルで情報をそのままの形で掲載出来るブログとは異なり、コラムの場合は運営側に編集者の方がいるため誤字・脱字があったり内容が不適切な場合は修正を指示される場合もあるとの事です。
少し大袈裟ですがプロとしての品質を求められるため、内容に妥協せずしっかりした情報を発信しなければならいません。他のコラムニストの方と比較すると実績や所有物件(資産)は乏しいかもしれないが、それでも良質な記事は十分書けると思っています。周りと比較せずに…と言うのは少し嘘になりますが、小規模でも自分の記事をしっかり掲載していきたいです。

先日、開業届けを出しました。…が、その数日後に平成25年度の市民税・県民税の申告書が届きました。
最初は何か開業届けを出した事が原因かなと思いつつ…「なんで今年(平成26)開業するのに、去年の実績を問われるのか…」っと思いとりあえず税務署に電話です。

よくよく聞いてみたら今勤めている勤務先からの申告がされていないそうな。会社に見捨てられたか…ってか「それこそなんで!」って思いながら源泉徴収票を見てたら。。分かりました。多分。
原因は納税者(僕)の住所が市役所に登録されているモノと違ってたからです。去年、一人暮らしを初めて住宅手当の申請のため勤務先には引越し先の住所を伝えていましたが、市に対しては何もしていませんでした。結果、勤務先からの申告が元々住んでいる市役所に届いていなかったようです。
結局、去年度の源泉徴収票の写しを郵送で送る必要があるそうです。電話での申し伝えだけではだめでした。そもそも僕が悪いんですけどね。

っと言う事で、意外な形で市役所に市民税の申告をする事になりました。
タイミングがタイミングなだけに、「えっ、開業したら前年度分の申告いるの?」と思いましたが、勘違いしてたみたいです。
会社員しながら開業したら、税金周りが複雑そうで今後も怖いです。税金の知識はしっかりつけないといけないですね。

↑このページのトップヘ